ためになるまとめサイト:乳がん検診編


ためになるまとめサイト:乳がん検診編

日本国内の乳がん患者は年々増加傾向にあり、発症する年代も20代や30代の女性が増えてきています。乳がんの早期発見をして早期治療を開始るために重要な乳がん検診のまとめとしては、二十歳を過ぎたら定期的に乳がん検診を受ける事が大切です。40歳以下で発生するガンは若年性乳がんと呼ばれ、進行が早いのが特徴です。その為、1年に一回の乳がん検診か、2年に一度受診する必要があります。検査方法としては、35歳以降の女性の場合はマンモグラフィーを主体とした検査を行い、35歳以下の女性の場合は乳腺が発達しているため、マンモグラフィーでは病変との識別が難しいため、乳腺エコー検査と合わせて実施します。早期発見は乳がん検診に頼るだけでなく、月に一度はセルフチェックを行い、腋窩リンパ節や乳房にしこりなどの異常がないかチェックすることも大切です。定期的な検査で命を脅かす病気を早期発見ができ早期治療によって完治を目指せます。

乳がん検診についての情報

乳がんは、若い女性でも発症してしまう危険性のあるがんであり、女性なら二十歳をすぎたら、乳がん検診を定期的に行った方がいいとされています。
乳がん検診を行っていた方がいいとされている理由には、がんという病気は、悪化してしまうまえに早期発見をすることで、治る可能性がたかくなるという特徴があり、また早期発見によって治療を早めにすることによって病気によるリスクを減らすことができるので、早期発見をするために、定期的な検診や、ある年齢に達した場合にはすべてのかたが検診を行うことが大切となり、乳がんに関しても正しい情報を知り、定期的な検診が必要で、乳がんになってしまっていても早めに病気に気づくことで病気を悪化させることなく治すことができます。
乳がの検診を受けるということは、胸を撮影したり視触診などをしなくてはならないので、検診に消極的になってしまう方もいますが、乳がん検診に受けることによって、乳がんになって死亡してしまう人の人数を大幅に減らすことができるかもしれないので、すべての女性が正しい情報を知ることが大切となります。